【2017年版】200万円で買う中古車『ミニバン』オススメ人気ランキング!

【2017年版】予算200万円で買う中古車『ミニバン』オススメ人気ランキング!

『ミニバン』は大人数や荷物も沢山積んで走れる積載性から子供から大人まで楽しめる非常に魅力的な車です。

また、大柄な車種のため燃費が悪いイメージもありましたが、ハイブリッド車なども積極的に投入されるためファミリー層にも大人気の車種となりました。

今回はその中から、予算200万円で買う中古車『ミニバン』オススメ人気ランキングをご紹介します。

 

第3位 『トヨタ シエンタ』

トヨタ シエンタ

『トヨタ シエンタ』は、トヨタで販売されているミニバンの中でも最小でありながら大人7人が乗り込めるゆとりのある空間が確保されています。

車内はスポーティーな内装で男性が好む『格好いい』なデザインになっていますが、外観は老若男女から好まれやすいオシャレものになっており、格好いいと愛らしいを見事表現。

カラーバリエーションも豊富でボディーカラー次第では印象がガラッと変わる車なのも特徴的な車です。

また、小さい『ミニバン』であるため5ナンバーとなっており、維持費もやすく燃費も16km/ℓとまずまずの性能をもっており、日常的に使いつつ休日などに長距離を走ることがある家庭生活に適している車であるといえます。

なるべく低走行距離で状態の良い中古車を狙っていこう

シエンタ中古車

『シエンタ』に限ったことではないですが、ミニバンの中古車はファミリーカーとして活用されるケースが多く、日常的に走行したり休日などで長距離走行されていて数年で10万キロということも容易にありえます。

安いからといって簡単に選んでしまうと後々の車検などで安く取った分のしっぺ返しを背負い込むことになりかねませんので状態をきちんと見ることが重要です。

中古車としての数も多いため、惑わされやすいですが2017年式のものも修復暦なし走行距離〜3万キロ以内などもありますので程度の良いものから選択していきましょう。

第2位 『ホンダ オデッセイ』

ホンダ オデッセイ

ミニバンながら低重心でセダンのようなデザインが高い評価を受けているホンダの『オデッセイ』。

低重心な車体に合わせて車高も低く、2003年式以降は立体駐車場に入ることができたりアウトドアにも都内での買い物などにも適応されているのが特筆される点です。

そして、『オデッセイ』最大の魅力は走行のしやすさにあります。

ミニバンの多くは車高が高いため、乗り心地として少しふわついた感じが多く、カーブでの横Gや横風の影響を受けやすいことが挙げられますが、それらの欠点を『オデッセイ』は克服した車種です。

特にミニバンのなかでは高速道路の安定感は素晴らしく、多少の段差や横風ではびくともせずに運転者への負担が少なく済むことは非常に魅力なところ。長距離運転が多い方にもオススメしたい車となっています。

年式は2008年から2013年のものがオススメ!

オデッセイ中古車

『オデッセイ』は1990年代から発売されてきた車種のため、現行までで複数代重ねてモデルチェンジを繰り返してきています。

その中でも今回は予算内で抑えた年式は2008年から2013年の4代目のものがオススメです。この条件で中古車を探せば走行距離、修復暦などなど好条件なものが多くありますので大変選びやすくなっています。

ハイブリッドの設定はありませんが、比較的タマ数も多く予算内でも潤沢に選ぶことが出来ます。ただ、ローダウン車高調や社外エアロ装着車なども多くあるので程度の見極めには注意が必要です。

第1位 『トヨタ プリウスα』

プリウスa

『プリウス』といえば燃費の良さが特徴なハイブリッド車として有名です。

1990年代に発売された車としては異例の燃費である28km/Lでありつつ、電気とガソリンを利用して走るハイブリッドカーを世間に浸透させた車種となります。

そのプリウスの4~5人乗りのセダンタイプから、5~7人乗りのミニバンタイプにしたのが『プリウスα』です。

プリウスの特徴はなんといっても燃費が非常に良いということ。ミニバンタイプは燃費が軽減されてきたといっても20km/ℓ以下な車種が多く、とても燃費が良い形状の車ではありません。

そういった状況の中で『プリウスα』は26km/Lと優れた性能を保有しています。

さらに走行中の音が少ないことで有名なプリウスのシリーズとして『プリウスα』も同様に非常に静かな走行が可能なところも魅力となっています。

『ミニバン』に乗りたいけど購入後のガソリン代が気になる方に強くオススメ出来る車種といえるでしょう。

『プリウスα』は5人乗り・7人乗りに分かれているので要チェック!

プリウスa中古車

『プリウスα』のグレードは大きく分けて「S」と「G」があります。なかでも「S」は乗員人数を選択することができ、5人か7人の乗員人数を選択することが可能となっています。

中古車市場を見ると同じグレードで年式も重なっているもので乗員人数が違うももあります、購入する際にはこの項目をきちんと確認しておくことが重要です。

また、予算内で十分な在庫を選べますが社外エアロ装着車なども多いため純正に近い車体がオススメとなっています。

まとめ

まとめ

予算200万円までで選べる『ミニバン』ですが、中古車市場が潤ってきたこともあって良質なものが選びやすくなっています。

実用的な性能、つまりは収納スペースの広さを重視したものから走りへ追求したもの、維持費のやすいものまで『ミニバン』はユーザーの声を非常に反映されている車種なのでそれぞれの車種はユーザーから高い評価を受けているものばかりです。

家族が増えて広めの車がほしい、アウトドアや買い物など荷物を積み込める車がほしい方など、『ミニバン』はそういった要望を叶えてくれる車種なのでぜひ参考にしてみて下さい。

愛車を高く売るなら『かんたん車査定ガイド』
かんたん車査定ガイド

愛車を高く売るなら車買取一括査定の『かんたん車査定ガイド』がオススメです。

たった45秒の簡単入力で最大10社へ無料査定依頼が送れ、さらに愛車の相場価格まで同時にチェックすることが出来ます。

下取りより平均16万円もお得な一括査定で愛車の最高額を今すぐチェック!

【2017年版】予算200万円で買う中古車『ミニバン』オススメ人気ランキング!

ABOUTこの記事をかいた人

マローエッグ

就職してから1年目でローンを組みながらスポーツカーを購入し、無事乗り切ることができました。 実家は田舎のため、軽自動車の運転も普通車の運転もよく乗っており、楽しく安全に無理なく運転することを心がけています。