これだけで運転がもっと上手くなるブレーキの踏み方とコツ

運転が上手いか下手かは、ブレーキペダルの踏み方をみれば分かるといわれます。

どんなに良い車でも雑なブレーキの踏み方一つでガクガクと車体の振動が増え、同乗者に不安感を与えてしまうもの…。

よりスムーズ・スマートな操作をしたい人のために、運転がもっと上手になるブレーキの踏み方とコツをご紹介します。

 

まずはベストなシートポジションを調整

まずはシートポジションを調整

ベストなドライビングポジションをとらなければ絶対に上手くブレーキを踏むことはできません。

まずは余裕を持ってブレーキペダルに足が届き、奥まで踏むことが出来るポジションにシートを調整しましょう。

そして、シートに座って背筋を伸ばし背中をバックレストにつけた状態で、尻とシートに隙間ができないように深くシートに座りましょう。

次に、両手をハンドルの上で合わせた状態で、肘が伸びきらず余裕を持って手が届くようにシートのリクライニングやスライド機能を使い、肘や膝に余裕を持たせるようにしてください。

これでドライビングポジションの調整は完成です。

ブレーキの踏み方のキモは『優しいブレーキ』

こちらの動画はGAZOO ドライビングスクールの「ペダル操作編」ですが、アクセルとブレーキペダルの踏み方・抜き方がとても分かりやすく解説されているのでぜひ参考にしてみて下さい。

スムーズに踏むためのフットポジション

まず、自動車にフットレストがあれば、左足はフットレストの上に乗せて姿勢を安定するように心がけてください。

ブレーキペダル正面のフロアに右足のかかとをつけて、かかとを支点して、ブレーキペダルを操作します。ブレーキをかける時は、ブレーキペダルの中央部を足裏にある指の付け根部分を使って、踏みます。

ブレーキペダルのコツはじわりと踏んで戻すこと

同乗者を揺さぶることないように円滑に減速させることが上手なブレーキの踏み方です。

そのためには、最初はじわりとブレーキペダルを踏み始め、ブレーキが効きだしたら、速度に応じて踏み込む力を調整して減速していきます。

しっかりと減速ができたら、踏むときと同様に優しく戻していきます。ブレーキでガクガクとなってしまうのは、『踏み始めと戻し方が急』だからなんです。

車の運転が上手な人は必ずこの『優しいブレーキ』が出来ているのでぜひ意識してやってみて下さい。

停止時にも止まる寸前に優しく戻す

速度のコントロールは、信号などで完全に停止させる場合は、速度は早めに落とすように心がけるのがコツ。信号の停止線の目の前で、ブレーキを踏み足すようなことをすると同乗者に不安感を与えてしまいます。

そして、信号停止などで自動車が止まる寸前にほんの少しブレーキペダルを戻すことで、いわゆるカックンブレーキを防ぐことができ、同乗者への負担を減らすことが可能になります。

長い下り坂はエンジンブレーキも活用

長い下り坂

高速道路や峠にある長い下り坂で、ブレーキペダルを踏み続けることによって、まれにペーパーロックやフェード現象が発生してブレーキが効かなくなってしまう可能性があります。

ペーパーロックやフェード現象は、ブレーキを踏み続け、ブレーキパッド・キャリパーなどが過熱・消耗することでブレーキも効かなくなってしまう現象。

これを防ぐためには、エンジンブレーキを使うことです。

ATであっても低いギヤでアクセルを戻すと抵抗がかかって速度が落ちるていく、これがエンジンブレーキと呼ばれています。

具体的な使用方法としては、あまりにも長く続く坂道などではギヤをシフトダウンしアクセルを離していけばエンジンブレーキがかかります、しかし速度によってはエンジンの回転数が上がり過ぎないように、ギヤが下げられなくなる保護機能が働く場合もあるのでブレーキペダルと臨機応変に使用しましょう。

また、エンジンブレーキを使ってもブレーキランプは点灯しないので後続車に減速することが伝わりません。そのため、エンジンブレーキを使って大きく速度を落とす場合は、後続車との距離も考えましょう。

そこまで利用するシーンは少ないですが、1つの方法として覚えておくといいですね。

まとめ

助手席の人が眠るほどスムーズなブレーキ

スムーズな運転の肝は全てブレーキにあると言っても過言ではありません。

まとめるとこれらのことを意識してみて下さい。

ここがポイント
  • しっかりとブレーキが踏めるシートポジションを取る
  • ブレーキは優しく踏んで、優しく戻す
  • 信号停止の際、止まる寸前に優しくペダルを戻す
  • いざという時のエンジンブレーキも頭に入れておく

ドライビングにはアクセル・ハンドル操作より、同乗者を不安にさせないスムーズで危険時にはしっかりと止まれるブレーキ操作が最も重要です。

紹介した『優しいブレーキ』は毎日の運転でも練習出来るので通勤やドライブの際に取り入れてみるといいでしょう、助手席の方がすっかり寝てしまえたなら運転が上達した証拠ではないでしょうか。

車で上手にカーブを運転できる4つのコツ

2015.12.29
お得にクルマを使うなら『カーシェアリング』がオススメ!!
dカーシェア

カーシェアリングを使うならNTTドコモが運営する『dカーシェア』がオススメです!

初期費用+月額基本料が『0円』で利用でき、dカーシェアアプリ1つで短時間から使える『カーシェア』・個人間シェアをサポートする『マイカーシェア』・長時間利用向けの『レンタカー』まで対応。

そしてスマホが会員証となり、利用料金は『ドコモケータイ払い』で決済できるという、入れておいて損のないアプリです!

ABOUTこの記事をかいた人

CarLike(カーライク)編集部

CarLike(カーライク)は、車の運転・購入・売却・維持費などを分かりやすく解説するカーメディアです。自動車に関する日常のお役立ちコンテンツをお届けしています。