【比較】カーシェアリングとレンタカー使い方・料金の違いとは!?どちらがお得なのか?

【比較】カーシェアリングとレンタカー使い方・料金はどちらがお得なのか?

近年、需要が高まり多くの会社が展開しているカーシェアリング。

便利だなと思う反面、利用したことがなく「レンタカーとの違いは何?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、利用シーンや料金プランでサービスの違いを比較分析していきます、カーシェアリングを検討する時の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

カーシェアリングとレンタカーの違いとは?

カーシェアリングとレンタカーの違いとは?

同じ「車を借りる」というサービスですが、カーシェアリングとレンタカーには違いが多くあります。

歴史の古いレンタカーは、今でも店舗での契約・貸出が多く、反対にカーシェアリングはインターネットで契約や予約ができてしまうのが大きな特徴です。

ここがポイント
  • 『レンタカー』は店舗での手続きが必要
  • 『カーシェアリング』は対面手続きの必要なし

スタッフと顔を合わせる必要なく車に乗ることができるカーシェアリングと比べ、レンタカーは店舗で鍵の受け渡しがあるなど手続きに時間を取る必要があります。

また、料金で比較してみるとカーシェアリングの場合は保険代やガソリン代が利用料金に含まれます。一方で、レンタカーは必要に応じて別途保険料を支払ったり、ガソリンは基本的に満タンで返却するなど、利用料金以外にも出費がかかることが多くなります。

レンタカーは半日以上など長時間での利用が前提ですが、10分や15分など、短時間からでも借りられるのがカーシェアリングの特徴。より手軽に車に乗りたいなら、カーシェアリングのほうが使い勝手が良いと言えます。

カーシェアリング レンタカー
月額料金 あり なし
貸出・返却時間 24時間可能 店舗による
貸出・予約 ネット予約 ネット・電話・店舗
貸出方法 無人 店舗
保険代 料金に含む 必要に応じて
ガソリン代 料金に含む 満タンにして返却
距離料金 約15円/走行距離(条件による) 不要
車種選択
カーナビ・ETC
タバコ ×
ペット ×
乗り捨て ×
チャイルドシート

一方で、レンタカーは選択できる車種の種類が多かったり、喫煙者なども利用することが可能です。

料金は高くなってしまうものの、オプションサービスが充実している点は、レンタカーの方が優れていると言えるでしょう。

利用シーン別で比較!どちらがオススメ?

利用シーン別で比較するとどちらがオススメ?

「いつもカーシェアリング」「いつもレンタカー」というように、使い方がいつも同じなのは少しもったいない使い方…。

実は、ふたつのサービスは「どんなときに使うか」によって良いポイント・悪いポイントを感じたりします。そこで、利用シーン別でどちらがオススメなのかを解説していきます。

ショッピングなら『カーシェアリング』

電車やバスなど交通手段が充実している地域に住んでいると、自家用車を持つメリットを感じない家庭も多いのではないでしょうか。

ですが、場合によっては買い物などで車が必要になってくるケースもありますよね。

例えば、郊外の大きなショッピングセンターに家族で行きたいとき。

「帰りは荷物が増えるし、3時間くらい車が欲しい」というときは、レンタカーよりカーシェアリングのほうが使い勝手が良いですね。

レンタカーの場合は最低利用時間が6時間などと設定されているのに対して、カーシェアリングだと15分単位で利用できるから短時間の利用に便利です。

ドライブは短時間なら『カーシェアリング』、長時間なら『レンタカー』

カップルで、家族で、友人となど休日を利用して日帰りドライブに出かける人も多いのではないでしょうか。

例えば、6時間以内に帰ってこられるのであればカーシェアリングの方がお得です。

多くの会社が「6時間以内の利用は距離料金の加算なし」としている場合が多く、加えてガソリンを満タンで返す必要がないので遠出しても余計な出費がかかりません。

しかし、6時間以上のパックになると約15円/kmの距離料金が課金されてしまいます。

一方で距離料金が発生しないレンタカーなら時間を気にせずにドライブを楽しむことが可能です。

6時間・12時間など長時間の利用が前提のレンタカーは、基本料金だけで使えるのがドライブ時のメリット。返却時にガソリンを満タンにする必要はありますが、最終的にはカーシェアリングより安く済む場合があります。

また、選べる車種が豊富なのもレンタカーの良い点です。カーシェアリングではワゴン車などは種類が少ないことが多いですが、レンタカーなら家族が沢山いてもお気に入りの1台を選べます。

最近では料金が高いという理由で敬遠されがちなレンタカーですが、利用シーンによってはカーシェアリングよりもお得な場合があることを覚えておきましょう。

旅行なら『レンタカー』

長期休暇の旅行、出費を気にせずに楽しみたい!そんな数日間の旅行であればレンタカーがオススメです。

特に駅や空港近辺にはレンタカー会社が多いため、カーシェアリングよりも利便性が高くなります。

また旅行先で何かと便利なのが、乗り捨てサービスです。カーシェアリングでも一部実施している企業があったものの、コスト面などの理由からなかなか普及が進んでいません。

乗り捨てが可能なレンタカーなら、行った先でほかの交通手段に手軽に切り替えられるなど、さらにコストを抑えることができます。

カーシェアリングの場合は、電車や飛行機などと組み合わせて使うのがオススメ。

長い移動はほかの交通手段を使い、現地では短時間から乗れるカーシェアリングで観光地を周るような使い方ができるのはカーシェアリングの大きなメリットです。

プランに応じて、より使い勝手の良い方を選びたいですね。

料金プランで比較

料金プランで比較

実際にカーシェアリングとレンタカーの料金を比較するとどちらがお得なのでしょうか?

『タイムズカープラス』と『タイムズカーレンタル』を例に挙げて、普通車と高級車のプランを利用した場合で比較していきましょう。

普通車(プリウス)の料金で比較

セダン車の中でも特に人気の高いトヨタのプリウスで比較してみます。

プリウスは、『タイムズカープラス』では「ベーシッククラス」に、『タイムズカーレンタル』なら「エコカー」に分類されていて、料金の違いは以下の通りです。

「 プリウス」での比較
タイムズカープラス タイムズカーレンタル
15分 206円
6時間パック 4,020円 9,072円(7,257円)
12時間パック 6,690円 11,016円(8,812円)
24時間パック 8,230円 12,960円(10,368円)
アーリーナイトパック
(18:00~24:00)
2,060円
 レイトナイトパック
(24:00~翌9:00)
2,060円
ダブルナイトパック
(18:00~翌9:00)
2,580円
距離料金 16円/走行km(6時間パックはなし) 無料
保険料(24時間) 無料 1,404円
※レンタカーの()内は会員価格

パックプランが充実しているのは『タイムズカープラス』になります。

3つのナイトパックはどれも2,000円代で、かなり18時以降に乗りたい場合はかなりお得といえます。

ただし、注意が必要なのは『タイムズカープラス』は「6時間パック」以外は16円/走行kmの距離料金が加算される点。

「アーリーナイトパック」で100km走ったとすると、2,060円 + 1,600円 = 3,660円が利用料金となります。

長距離を走るなら、基本料金以外にも距離料金、ガソリンを補給する必要があればそのお金もかかるので、忘れずに頭に入れておきましょう。

高級車(アウディ・クラウン)の料金を比較

次に、高級車と呼ばれるクラスではどうでしょうか。

『タイムズカープラス』からは「プレミアムクラス」の「アウディ A1」、『タイムズカーレンタル』からは「セダン・スポーツ・高級車」の「クラウン 2500」で比べてみました。

「アウディ」と「クラウン」での比較
タイムズカープラス(アウディ A1) タイムズカーレンタル(クラウン 2500)
15分 412円
6時間パック 4,020円 16,632円(13,305円)
12時間パック 6,690円 20,196円(16,156円)
24時間パック 8,230円 23,760円(19,008円)
アーリーナイトパック
(18:00~24:00)
2,060円
レイトナイトパック
(24:00~翌9:00)
2,060円
ダブルナイトパック
(18:00~翌9:00)
2,580円
距離料金 16円/走行km(6時間パックはなし) 無料
保険料(24時間) 無料 3,240円
※レンタカーの()内は会員価格

こちらも、やはり『タイムズカープラス』の方がパックプランが豊富。料金も『タイムズカーレンタル』と比べると半額以下でかなり安いことが分かります。

『タイムズカーレンタル』は、パックプラン以外はショート料金のみが変わり、「ベーシッククラス」なら15分につき206円の利用料金が「プレミアムクラス」になると412円になるだけです。

「6時間パック」以外では距離料金が加算されますが、それでも『タイムズカープラス』の方がずっとお得に乗れますね。

基本的にはカーシェアリングの方がお得

タイムズカープラス

公式タイムズカープラス

『タイムズカーレンタル』の場合、会員制を導入しており、基本料金が最大25%OFFになるなどの優待が受けられます。

『タイムズカープラス』でも会員制を導入していますが、基本料金が安くなることはありません。

それでも『タイムズカープラス』の場合はそもそも料金が安く設定されており、基本的には『タイムズカーレンタル』よりもお得に利用できます。

ただし、利用が「6時間パック」以外は距離料金として16円/走行kmが加算されてしまうため、注意が必要です。

乗りたい車がある場合は、それぞれのプランを比較し、距離料金の有無や長距離を走るならガソリン代なども計算してより安く乗れる方を選ぶといいでしょう。

まとめ

【比較】カーシェアリングとレンタカー使い方・料金はどちらがお得なのか?まとめ

カーシェアリングとレンタカーはどちらがお得なのか、以下がまとめになります。

ここがポイント
  • 短時間の利用ならカーシェアリングが使い勝手が良い
  • 長時間使うときもパックプランが充実しているカーシェアリングのほうがお得
  • 旅行などはレンタカーの乗り捨てサービスが便利
  • 長距離を走るなら距離料金のかからないレンタカーがお得なときもある

長時間利用などでなければ基本的には『カーシェアリング』の方がお得と言えるでしょう。

しかし、利用者が増え続けているカーシェアリングですが、利用シーンによってはレンタカーよりも「絶対にお得」とは言い切れません。

確かに料金表だけ比較してみると安く感じるかもしれませんが、最終的な利用料金は使いたいシーンによっても異なります。

どちらのサービスも利用する前に計算することが可能ですので、クルマの乗り方に合わせて使い分けてみて下さいね。

『タイムズカープラス』の特徴と口コミ評判!入会・予約・使い方・退会する流れを解説

2017.09.28
【比較】カーシェアリングとレンタカー使い方・料金はどちらがお得なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

RYU

車好き男子な20代のライターです。18才で自動車免許を取ってからスポーツカーやSUV、ミニバンまでひと通り乗ってきました。現在の愛車は中古で購入したトヨタ ハリアーを自分好みにカスタマイズしながら楽しんでるので、自分ならではのカーライフに役立つ情報をお届けします!