ディーラーで廃車依頼をするのはお得なのか?メリット・デメリットを解説

ディーラーで廃車依頼をするのはお得なのか?メリット・デメリットを解説

「もう乗らなくなってしまった車を廃車にしたい」そんな時に真っ先に思い浮かべるのは『付き合いのある自動車ディーラー』に頼むことではないでしょうか?

しかし、車の購入や下取りは経験があっても『廃車』にはしたことがないという方も多く、本当に廃車はディーラーに頼むのがお得なのか・廃車手続きに費用はかかるのか、など疑問もあると思います。

そこで、ディーラーに廃車依頼をするのはお得なのか?そのメリット・デメリットを徹底解説していきます!

そもそも普通自動車・軽自動車における『廃車』とは?

そもそも普通自動車・軽自動車における『廃車』とは?

世間一般に知られている廃車とは、『車籍を抹消し自動車を廃棄すること』を意味します。

自動車は保持しているだけで毎年税金がかかってしまいますので、無駄な支払いを続けないためにも「抹消登録」と呼ばれる手続きを踏む必要があります。

普通自動車の廃車は3種類

正式な書類手続きは陸運局で行いますが、ひと口に廃車と言っても、「永久抹消登録」「一時抹消登録」「解体届出」の3種類があります。

ここがポイント
  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録
  • 解体届出

事故や災害などで乗れなくなったクルマに関しては「永久抹消登録」で手続きを行います。

それとは違い、引き続き利用できるクルマを廃車にするケースもあります。この場合、スクラップするのではなく、単純にクルマの使用を一時的に中止するため「一時抹消登録」で手続きを行います。中古車として販売しているのもこのイメージですね。

最後の「解体届」とは、「一時抹消登録」を行った後に解体する場合に申請が求められます。あまり個人でこの手続きを行うというケースは滅多にありませんが、上記の2つと同様に最寄りの陸運局などで簡単に申請を行うことが可能です。

軽自動車における廃車も3種類

軽自動車の場合、手続きをする場所は陸運局ではなく軽自動車検査協会で行います。

軽自動車の場合でも同様の手続きが行われますが一部呼び名が変わるものがあります。

ここがポイント
  • 解体返納(=永久抹消登録)
  • 自動車検査証返納届(=一時抹消登録)
  • 解体届出(普通自動車と変更点なし)

普通自動車と軽自動車で細かな違いはありますが、ほとんど同様の手続きと考えて問題ありません。

どちらにしても、乗らなくなったクルマを保持し続けることで無駄な税金を支払う必要がありますので早急な廃車手続きをおすすめします。

自動車の『廃車』とは?手続きや費用・必要な書類などを解説

2018.03.14

ディーラーへ廃車依頼をするメリット・デメリット

ディーラーへ廃車依頼をするメリット・デメリット

廃車手続きを個人で行う人は少ないでしょう、そこで多くの人が廃車を依頼する第一候補として挙げるのが自動車ディーラーです。

「自動車=ディーラー」というイメージはありますが、ディーラーに廃車を依頼するメリット・デメリットはどんなことが挙げられるのでしょうか。

メリット

メリットとしては、ディーラーへ廃車依頼をすることで一切の面倒な『手続きを代行』してくれる点です。

廃車手続き自体は難しいものではないのですが、必要書類を用意して陸運局などへ出向くといった行為は時間と手間がかかってしまいます。

ディーラーは自動車の扱いや手続きに関してのプロですので基本的な手続きはすべて自動的に処理してくれます。

また自走不可能となった不動車に対しても、ディーラーなら臨機応変に対応してくれます。個人でこれらをスクラップ工場などへ持っていく際にはレンタル料金などが必要となりますが、ディーラーには積載車が用意されていますので簡単です。

デメリット

デメリットとしては、廃車にかかる『費用の問題』です。

まずはディーラーに手続きを依頼する際、「永久抹消登録」と「一時抹消登録」で必要な費用を確認していきましょう。

永久抹消登録にかかる費用例
  1. レッカー代金:0~30,000円
  2. 解体費用:0~30,000円
  3. 書類手続き代行費用:10,000~20,000円
  4. ①~③の合計費用:10,000~80,000円
一時抹消登録にかかる費用例
  1. レッカー代金:0~30,000円
  2. 書類手続き代行費用:10,000~20,000円
  3. 廃車手続き証紙代:350円
  4. ①~③の合計費用:10,350~50,350円

これらすべての手続きを個人で請け負ってしまえば一切の料金はかかりません。(廃車手続き証紙代を除く)

しかし、ディーラーに代行を依頼すればその分の数万円の諸費用が発生します。

ガソリン代の関係でレッカー料金は距離により費用が異なるなど、依頼する業者によって多少の誤差はあるものの、全体的な相場感覚としてディーラーでの廃車依頼は高くなってしまうことは覚えておきましょう。

もっとお得に廃車するなら『廃車買取』がオススメ!

もっとお得に廃車するなら『廃車買取』がオススメ!

値段がつかない車なので廃車にしたい、でもディーラーにお願いして費用まではかけたくない・・・そんな方には『廃車買取』がオススメです!

オススメ廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

廃車に値段を付けて買取ってくれる

廃車買取業者なら、ディーラーでは「査定額0円」の事故車や水没者であっても『0円以上の買取保証』をしてくれます。

自分で手間暇をかけて廃車手続きにする必要もなく、廃車にするのに余計な費用を払うことなく廃車を買取ってくれるのが『廃車買取』なんです。

どうして廃車が売れるのか?

ディーラーで価値のないクルマをどうして廃車買取業者は高値で取引してくれるのでしょうか?

その理由は、両者の廃車に対する根本的な考え方の違いが挙げられます。

まずディーラーにとって、10万キロ超えの過走行車や10年以上の過年式車は中古車としての価値がほとんどありません。

丁寧に整備を行ったとしても買い手が見つからず最終的には廃車扱いとなります、これが事故車であればなおのことですね。

このようにディーラーにとって過走行車や事故車はお金にならないクルマでしかないのです。

それに対して、廃車買取業者の目的は『自動車の中古部品やパーツなどを販売することが目的』です。

中古車としては価値がなくなったとしても、引き続き使えるパーツは残されています。これらを中古商品として再利用しているため、高価買取が可能になるのですね。

【廃車手続き・レッカー無料】廃車買取『カーネクスト』の特徴と口コミ評判

2018.03.02

まとめ

ディーラーで廃車依頼をするのはお得なのか?メリット・デメリットを解説まとめ

クルマの廃車はもちろんディーラーでも出来ますが、メリット・デメリットがあります。

乗らないクルマを廃車するのにもちゃんと費用がかかるので、もし廃車費用をなくしたい・少しでも値段を付けて欲しいならぜひ1度『廃車買取』で査定を受けてみるといいですね。

ぜひ廃車手続きの参考にしてみて下さい。

廃車買取『廃車本舗』の特徴と口コミ評判

2018.05.14
車を高く売るなら『かんたん車査定ガイド』
かんたん車査定ガイド

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定の『かんたん車査定ガイド』がオススメです。

たった45秒の簡単入力で最大10社へ無料査定依頼が送れ、さらに愛車の相場価格まで同時にチェックすることが出来ます。

下取りより平均16万円もお得な一括査定で愛車の最高額を今すぐチェック!

ディーラーで廃車依頼をするのはお得なのか?メリット・デメリットを解説

ABOUTこの記事をかいた人

RYU

車好き男子な20代のライターです。18才で自動車免許を取ってからスポーツカーやSUV、ミニバンまでひと通り乗ってきました。現在の愛車は中古で購入したトヨタ ハリアーを自分好みにカスタマイズしながら楽しんでるので、自分ならではのカーライフに役立つ情報をお届けします!