新車を買うか中古車を乗り換えるのはどちらが得なのか?

新車を買うか中古車を乗り換えるのはどちらが得なのか?

新しく車を乗り換える時に「新車にするか、中古車で探すか」は毎回悩むところです。

もちろん予算や納期に余裕があり、自分の好きなようにカスタマイズして納車出来る『新車』は魅力的ですが自動車はとても高価な買い物です。少しでも安くお得に購入するためには『中古車』も選択肢に入れたいものです。

車は買ってしまえば数年は乗り続けるものなので「自分にとっていい選択」が出来るように『新車』と『中古車』それぞれのメリット・デメリットをご紹介するので自動車購入のお役に立ててみて下さい。

 

新車と中古車の違いとは?

新車と中古車の違いとは?

新車の定義

『新車』とは、「初めて新車登録(ナンバー登録)された車」を指します。

カタログや展示車はありますが、ほとんどの場合自分が買う新車を触れる機会はなく、メーカーで注文・生産されてからディーラーで販売されてから実際に目にすることが出来ます。

中古車の定義

『中古車』とは、「すでにナンバー登録された車」を指します。

購入もしくは、レンタルで利用された自動車が再び売りに出された車が、私たちがディーラーなどでよく目にする中古車となります。

また、販売店が試乗車などの名目でナンバー登録されたもののまったく使用していない車輌を「新古車」といった呼び方もされますが、基本的にはこちらも中古車に分類されています。

新車・中古車のメリット・デメリット

新車・中古車のメリット・デメリット

新車を選ぶメリット

新車の1番のメリットは『自分だけの1台』が作れることです。

自分の好きな車種・グレードタイプ・ボディカラーを選べ、カーナビ・オーディオといったオプションも自由にカスタマイズして理想の1台に仕上げることが出来ます。

新車登録時の車検は『3年間』と長めで、走行距離・消耗品等の劣化の心配もなく維持費も安く済みます。また、人気の車種やカラーであれば下取り時に高いリセールバリューも期待出来ます。

新車を選ぶデメリット

1番のネックは価格が高くなってしまうことです。

車両価格だけなら予算内でも、人気のオプションを付けて仕上げてみると予想よりも高くなってしまうので余裕をもった予算が必要となります。また、人気の車種やカラー・時期によっては納期まで数ヶ月必要な場合もあります。

中古車を選ぶメリット

中古車の1番のメリットはやはり『価格の安さ』です。

同じ車種でもカラーや走行距離によってはかなり車両価格が安くなります。さらに、人気の車種であれば、中古市場のタマ数(車の在庫数)も増えるのでカラーやオプション装備など同じ予算であっても比較してお得に購入することも出来るでしょう。

中古車を選ぶデメリット

中古車は『使用歴がある車』なので様々なデメリットがあります。

グレード・ボディカラー・オプション全てが理想通りには揃わないのでどこか妥協する部分が必要となります。走行距離や年式に比例してキズや事故歴増える可能性もありますし、消耗品などの劣化もあるので修理費用など維持費が高くなりがちです。

新車と中古車のコストパフォーマンス

新車と中古車のコストパフォーマンス

新車と中古車それぞれ購入時の違い

新車 中古車
車種 好きに選べる 在庫から選べる
オプション 好きに選べる 在庫から選べる
価格 高い 安い
走行距離 なし 車両による
キズ なし あり
維持費 安い 車両による
車検 3年(初回) 2年ごと

初期費用が多くかかりますが購入したあとの比較的、維持費が少なくて済むのでランニングコストが安いのは『新車』。

購入時は安いですが、その後の消耗品・修理費用などのランニングコストが高くなってしまう『中古車』。

『車体が安い=コスパがいい』とは一概に言えず、特に中古車の場合は前オーナーの使い方や使用年数で車や部品のヘタリ具合は大きく変わってくるので、タイヤの減り具合やブレーキ交換時期など消耗すると要交換なパーツは販売店に確認しておいたほうがいいでしょう。

中古車を選択するときには車体価格・修理費用・車検費用などの合計の『仕上げ価格』で比較するとより明確なコスト差を知ることが出来ます。

新車と中古車の選び方

新車と中古車の選び方

短期間で買い換えるなら『新車』・長期間乗るなら『状態のいい中古車』

『新車』で購入した場合は、2〜3年程度の短いスパンで次の新車へ乗り換えた方が高い下取り価格が期待できるので少ない差額で車を新しくすることが出来ます。

例えば200万円の車を3年後、100万円で下取り出来れば同クラスの車種なら3年に1度、差額約100万円で『新車を乗り続けることが出来るリサイクル』です。年式が常に新しいので故障も少なく長い目で見ればコスパのいい選択と言えるでしょう。

『中古車』から選ぶ場合は、なるべく状態のいい車体を選びましょう。

5・6年と長く乗ることを想定して『走行距離が少ない・事故歴がない』など丁寧に使われた車両を選んだほうが、後々修理などの出費が少なくトータルで長くお得に乗ることが出来ます。中古車はそれぞれ状態が違うので、走れる状態であればぜひ試乗してみるといいでしょう。

新車・中古車どちらもメリット・デメリットがあるので自分にあった方で車選びをしてみてください。

CarLike編集部

新車で買うのか、中古車から選ぶのか…。

毎回悩ましいところですが、自分が買ってから乗る期間やこの車を売る時のリセールバリューを重視してみると条件のいい車選びが出来るのではないでしょうか。

今、お得な車はどれか!?にプラスして3年後でもお得な車かも考えてみるのも車選びの醍醐味ですね。

愛車を高く売るなら『かんたん車査定ガイド』
かんたん車査定ガイド

愛車を高く売るなら車買取一括査定の『かんたん車査定ガイド』がオススメです。

たった45秒の簡単入力で最大10社へ無料査定依頼が送れ、さらに愛車の相場価格まで同時にチェックすることが出来ます。

下取りより平均16万円もお得な一括査定で愛車の最高額を今すぐチェック!

新車を買うか中古車を乗り換えるのはどちらが得なのか?

ABOUTこの記事をかいた人

CarLike(カーライク)編集部

CarLike(カーライク)は、車の運転・購入・売却・維持費などを分かりやすく解説するカーメディアです。自動車に関する日常のお役立ちコンテンツをお届けしています。