車検の費用はいくら?料金の内訳や安く受けるためのポイント

車検の費用はいくら?料金の内訳や安く受けるためのポイント

自動車を購入したら定期的に訪れる『車検』。

全ておまかせのまま受けた車検代金の明細をみて、オイルにタイヤ交換に・・・と料金に驚いたこともあるのではないでしょうか。

「もう少し車検って安くならないのかな…。」2年ごとにそう思う方も多いと思います。

実は車検費用は、内訳を見ると『安くならない費用』と『安く出来る費用』で構成されているんです。

これから初めて車検を受けるので不安な方や、今回は費用を安く抑えたい方へ内訳を知っておくことで分かる、『車検の出費を抑えるポイント』をご紹介します。

 

車検にかかる費用の内訳

車検にかかる費用の内訳
車検費用
ディーラー 法定費用 + 40,000円~100,000円
車検専門店 法定費用 + 20,000円~80,000円
民間整備工場 法定費用 + 20,000円~80,000円
カー用品店 法定費用 + 25,000円~60,000円
ガソリンスタンド 法定費用 + 25,000円~60,000円
ユーザー車検 法定費用 + 0円

車検費用の内訳は、『法定費用』+『車検基本料(整備代)』=『車検費用』で構成されています。

法定費用とは

法定費用とは、自動車重量税・自賠責保険料・検査手数料の3つで構成され、どこで車検を受けても同額でかかる費用のことです。

車検基本料とは

車検基本料は、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料なども含まれていますが、オイル・タイヤといった整備・消耗品の交換で料金が増える可能性のある費用のことです。

法定費用の内訳

法定費用の内訳

自動車重量税

車検実施時の自動車重量税 2年分
エコカー減税適用 エコカー減税適用外
エコカー エコカー以外
免税 75%減 50%減 13年未満 13年経過 18年経過
軽自動車 免税 1,200円 2,500円 5,000円 6,600円 7,800円 8,800円
~500kg以下 1,200円 2,500円 5,000円 8,200円 10,800円 12,600円
~1,000kg以下 2,500円 5,000円 10,000円 16,400円 21,600円 25,200円
~1,500kg以下 3,700円 7,500円 15,000円 24,600円 32,400円 37,800円
~2,000kg以下 5,000円 10,000円 20,000円 32,800円 43,200円 50,400円
~2,500kg以下 6,200円 12,500円 25,000円 41,000円 54,000円 63,000円
~3,000kg以下 7,500円 15,000円 30,000円 49,200円 64,800円 75,600円

自動車重量税は、車検の有効期間分(新車時3年分、以降2年分)を先払いすることになります。

自賠責保険

37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
普通自動車 40,040円 39,120円 28,780円 27,840円 17,310円 16,350円
軽自動車 37,780円 36,920円 27,240円 26,370円 16,500円 15,600円

通常、自賠責保険は2年の車検ごとに入るものなので『24ヶ月』を選びます。他にも新車時に入る『36ヶ月』に加えて、1ヶ月ずつ余裕を持ったプランも用意されています。

検査手数料

手数料
継続検査 小型自動車 1,700円
継続検査 普通自動車 1,800円
新規検査 小型自動車 2,000円
新規検査 普通自動車 2,100円

検査手数料は、国へ納付する『印紙』と検査法人へ納付する『証紙』の合計で構成されています。2年に一度の車検の際には『継続検査』の検査手数料を支払います。

車検料金を安くするポイント

車検料金を安くするポイント

まとめ:部品交換・整備費用を抑える

少しでも車検を安くするポイントは、検査時に必須ではない『部品交換や整備』を抑えることです。

法定費用は固定なので、車検時に要交換な消耗品とまだ交換しなくていい部分の見積もりを出してもらいましょう。

もちろん、検査の基準・安全面を考慮した部品交換は当然すべきですが、もう少し先に伸ばせるもの、例えば「エンジンオイルとフィルターはあと2〜3ヶ月先でも大丈夫ですよ」となればそれだけでも安くなりますね。

車検費用の内訳を知り、そこから必要な交換・修理、必要でないものを選ぶことで車検費用を安く抑えることもできると覚えておきましょう。

CarLike編集部

車検の値段は高くはなっても安くならないと思っていた方が多いのではないでしょうか。

車の消耗品を車検と同時に交換しないことで車検費用を抑えることも出来るので、『車検に必須な交換部品』と『あと何ヶ月は大丈夫な部品』を把握しておくといいですね。

もちろんディーラーでも聞けば気軽に教えてもらえると思うのでまずは見積りをして担当とコミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか。

お得に車検を受けるなら『グー車検』
お得に車検を受けるなら『グー車検』

お得に車検を受けるなら『グー車検』がオススメです。

車検基本料金8,800円からコンシェルジュによる車検に関するサポートも万全!

クレジットカードやコンビニでの支払いにも対応し、手続きをすべてWEB上で完結できるお得な車検サービスがこちら!

車検の費用はいくら?料金の内訳や安く受けるためのポイント

ABOUTこの記事をかいた人

CarLike(カーライク)編集部

CarLike(カーライク)は、車の運転・購入・売却・維持費などを分かりやすく解説するカーメディアです。自動車に関する日常のお役立ちコンテンツをお届けしています。