中古車の値引き交渉術!最大限成功させるために知っておきたい知識とは?

中古車の値引き交渉術!最大限成功させるために知っておきたい知識

少しでも安く車を買うならやはり中古車が選択肢になるでしょう。

もともと価格の安さが魅力的な中古車ですが、ここからさらに「値引きして安く買える」ならそれにこしたことはありません。

この記事では中古車を値引きするために必要な知識と、『最大限に値引き金額を引き出すための交渉術』を解説していきます。

結論:中古車の値引きは可能!

中古車の値引きは可能

結論からいうと中古車の値引きは「可能」だと思って下さい。

もちろん新車のように数十万単位の値引きほどは難しいですが、それでも値引き交渉をすることで出費を減らす方法は沢山あります。

最終的に「お得に購入できること」を目的に、値引き交渉する前の心構え・交渉術を身に付けていきましょう。

中古車の値引き限界額は「数万円〜10万円程度」が目安

中古車の値引き限界は、車両価格の「数万円〜10万円程度」が目安です。

値引きが前提になっている新車販売と比べて、車体ごとに合わせた値段設定をしている中古車では値引き幅が少なく、数万円も値引きしてもらえれば万々歳と考えて良いでしょう。

交渉前に知っておきたいポイント

交渉前に知っておきたいポイント

ディーラーで大きな値引きは期待できない

ディーラーでの中古車値引きにはあまり期待できないことがほとんどです。

そもそもディーラーは中古車の販売に力を入れていません。そのため、ディーラーの考えとして「値引きをしてまで中古車を販売したくない」といった方向になります。

値引きしてもらえたと思っても「下取り価格を少し上げて、見せかけ上の値引き額を大きくする」という新車購入でも頻繁に使われている手段を取られることも少なくありません。

中古車は車体ごとに値引き額は変わる

中古車は新車とは異なり、キズや走行距離の程度、市場での人気度、仕入れ価格などによって価格が左右されます。

そのため、同じ車種だからと言って同額の値引きができるわけではありません。人気車種であれば、わざわざ値引きしてまで販売しなくてもオークションでも高値で売ることはできます。

程度がまちまちな中古車だからこそ、値引き金額は1台1台違うと考えましょう。

中古車の仕入れ値を知っておく

当然ですが、販売店が仕入れ値以下まで値引きに応じてくれることはありません。

値引きの限界点を知るためにも、「欲しいクルマの仕入れ値」をある程度、予想しておくことは大切です。

もちろん、車種の人気や状態によっても異なりますが結論からいうと、中古車販売店はおよそ「20~25万円」の利益を仕入れ価格に上乗せしています。

現金一括払いしても値引きは有利にならない

勘違いしやすいポイントですが、中古車で現金一括払いをしても値引きは期待できません。

販売店はローン会社と提携を組んでいます。そのためローンを組んで購入してもらえれば手数料が貰えますし、自社ローンであるなら利息分を丸儲けできるからです。

そのため「今すぐ現金一括で払うから安くして」といった方法は有効的でないということです。

中古車を最大限値引きする『5つのポイント』

ここまでの情報を整理したら、いよいよ交渉術を学んでいきましょう。

「値引き交渉の経験がないから不安」そう感じている人もいると思いますが、難しい駆け引きは不要。ここまで学んできた知識プラスαで、値引き最高額を簡単に引き出すことができます。

【ポイント1】まずは購入する意思があることを明確に示す

「この車種を購入検討している」と明確に伝えましょう。

適当に「もっと安くしてよ」と、理由もなしに値引き交渉をしても購入する意思のない冷やかし程度に過ぎないと思われてしまうため、本気で価格交渉に応じてくれません。

「この人は頑張れば買ってくれそう」と思わせるためにも、購入する意思をまずはハッキリと伝えましょう。

【ポイント2】見積書の「代行費用」を削り支払い総額を減らす

車の見積書には総額以外にも車両本体価格や諸費用などさまざまな内訳が載っています。

それらの内訳を確認しながら、どこを削れるのか?を交渉していきましょう。

例えば見積書の中には「代行費用」といった項目があります、これは車の名義変更など面倒な手続きを代行する際の費用ですが、それらを自分でやれば支払総額を減らすことが出来ます。

自分で出来る「代行費用」
  • 車両登録代行費: 相場3万円以内
  • 車庫証明代行費: 〜2万円
  • 納車費用: 5,000円〜3万円
  • 洗車・クリーニング費用: 5万円以内

それぞれ車屋が代行手続きする分に発生する費用なので、自分でやれば無料。

手間はかかりますが、より効果的に支払い総額を下げるならぜひ取り入れたいポイントですね。

【ポイント3】率直に「値引きできないか?」を聞く

購入検討の意思を示した上で、「このぐらいまで値段が下がると買いやすい」と率直に聞いてみるのも有効です。

担当者も顧客の予算を知ることで例えば車体値引きが限界でも、他の手続き費用やパーツ代金といったあの手この手を考えてくれます。

【ポイント4】キズや不具合をネタに交渉する

中古車の場合は購入する際にキズや不具合のチェックをする必要があります。

その段階で何か見つけたら迷わず指摘しましょう。優良店であれば値引き対応してくれますし、部品の原価だけで修理対応してくれるところもあります。

【ポイント5】値引き有利な『月末』を狙う

購入・交渉のタイミングは「月末」がオススメです。

自動車販売には月ごとのノルマ・目標があるため、月末に近づくほど「1件でも多く成約したい」のが担当者の本音であり、「多少無理な値引きでも購入して欲しい」という心理が働き、買い手にとって有利な時期と言えます。

また、年間を通した時期としては「3月」・「9月」がディーラーや販売店にとっても決算月にあたり目標台数も多いため、値引き交渉面でもオススメできる時期と言えるでしょう。

もしも中古車の値引きが難しい場合は?

中古車販売店によっては「薄利多売」で営業しているところも少なくありません。

もしも車体本体からの値引き交渉が難しいのであれば、他の好条件を引き出す方法を駆使してみるのもオススメです。

キズやへこみを直してもらう

中古車という性質上、車体にはキズやへこみといった不具合が残っている場合があります。

もちろん、整備がしっかり行き届いている販売店であれば修理していることもありますが、小さなキズなどはそのままの車体も多く存在します。

購入後、自分で修理すればかなりの出費となるため購入条件のひとつとして直してもらうことを条件に聞いてみるのもオススメです。

オプション品の無料サービスや割引を交渉する

「これが限界ギリギリ価格」そう言われて引っ込まざるを得ない状況。

それでも、もう一押しとして洗車用品やメンテナンスキットなど、オプション品を無料で付けてくれないかを聞いてみるのも効果的です。ナビなどあまりにも高価なオプション品は断られてしまうため、あくまでも難しくない可能な範囲でお願いしてみましょう。

愛車を下取りではなく「買取」で高く売って資金を作る

トータルで支払い総額を下げたい場合、今の愛車を下取りではなく「買取」で高く売って資金とするのがオススメです。

ディーラーでの下取りではその車なりの査定額となってしまいますが、買取査定ならそれぞれの車種に合わせた得意とする販売ルートを持っている買取業者が多くいます。

そのため下取りよりもはるかに高額査定となることがほとんど。

少しでも次の車の軍資金を増やしたいなら車買取を利用するのもポイントですね。

車を売るならどこがいい?車買取一括査定オススメランキング!!

2017.06.10

まとめ

中古車の値引き交渉術!最大限成功させるために知っておきたい知識まとめ

中古車を値引きしてよりお得に購入する交渉術をご紹介しましたが、まとめるとこちら。

ここがポイント
  • 購入の意志を示して値引き額を聞いてみる
  • 見積書の「代行費用」を削る
  • キズ・凹みの修理で交渉してみる
  • 車買取で高く売りトータルでお得に買うのもアリ

もちろん、販売している中古車の状態や店舗・担当者によって値引き額はマチマチではありますが、自分に合った値引き交渉の知識として知って頂けると幸いです。

中古車値引き=支払総額を下げるというイメージでぜひ交渉材料の1つとしてみて下さい。

新車を最大限値引きする6つの交渉術!大事なのは信頼関係を築くこと

2018.07.19
愛車を高く売るなら『かんたん車査定ガイド』
かんたん車査定ガイド

愛車を高く売るなら車買取一括査定の『かんたん車査定ガイド』がオススメです。

たった45秒の簡単入力で最大10社へ無料査定依頼が送れ、さらに愛車の相場価格まで同時にチェックすることが出来ます。

下取りより平均16万円もお得な一括査定で愛車の最高額を今すぐチェック!

中古車の値引き交渉術!最大限成功させるために知っておきたい知識