軽自動車にかかる1年間の維持費はいくらなのか?

軽自動車にかかる1年間の維持費はいくらなのか?

取り回しがよく、維持費も安いと人気の軽自動車は年間での維持費はいくらかかるでしょうか?

毎月の出費は安くとも、年間単位で実際にかかるガソリン代や月々の駐車場代・保険や自動車税などの費用を把握しておくと購入の際、あらかじめ予算に組み込むことが出来ます。

軽自動車の主な維持費項目

軽自動車に必要な維持費項目

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 保険代
  • 自動車税
  • 車検代

『ダイハツ ムーヴ』でシュミレーション

move
参考車種のスペック
ダイハツ ムーヴ
排気量658cc
ガソリン種類レギュラーガソリン
カタログ燃費31.0km/L
実燃費約25.0km/L

軽自動車のモデルとなる車は人気の高い『ダイハツ ムーヴ』。排気量は658cc、使用燃料はレギュラーガソリン、実燃費は25km/L、コンパクトな軽自動車の代表的な車種です。

この条件でシュミレーションしていきましょう。

年間での維持費

軽自動車の年会維持費

ガソリン代

1年間の走行距離は10,000km、全国レギュラーガソリンの平均価格が120円/Lとしての計算とします。

走行距離から必要なガソリンの総量が、

10,000(km)÷25(km/L )=約400L(年間の消費ガソリン量)

400(L)×120(円/L)=48,000円(年間のガソリン代)

走行距離やガソリン価格で変動するものの1年間で約48,000円のガソリン代が必要となります。

駐車場代

マイカーを毎日停めておくために必ず必要となる駐車場。

都心部と地方で月額の駐車場代金は大きく変わりますが、ここでは分かりやすく月額10,000円とします。

10,000×12=120,000円

利用の多さに関わらず毎月かかる駐車場代金は維持費に大きな影響を与えることが分かります。

保険代

もしもの時のための任意保険は「ダイレクト型」とします。

等級などで保険料は変動するものの、契約タイプは安全を考慮したスタンダードタイプのプランを選択し月額料金は3,800円に設定。

3,800×12ヶ月=44,700円

年間の保険料は約44,700円となりました。

自動車税

軽自動車のエンジン排気量が658ccと最も軽いタイプです。1年間の軽自動車税は10,800円となります。

1年間の軽自動車税=10,800円(5ナンバー)

※平成28年より初めて車両番号を受けてから13年経過したものは軽自動車税12,900円となります。

車検代

2年に一度の車検、はディーラーでお願いするものとします。

普通自動車に比べて費用が安く済むのも特徴で、大きな部品交換などはないとの想定で、車検代・約70,000円としての計算で出してみました。

ディーラー車検代=約70,000円

軽自動車1年間の維持費合計

軽自動車1年間の維持費合計
維持費の合計
ガソリン代約48,000円
駐車場代約120,000円
保険代約44,700円
自動車税約10,800円
車検代約35,000円(1年間分)
合計維持費(1年間)258,500円

軽自動車の維持費をシュミレーションしてみると、年間の維持費合計は約258,500円かかることが分かりました。

普通自動車に比べて年間のコストが安いのが特徴です。維持費という面では排気量が小さいため燃費が良く車検・自動車税といったランニングコストが安く済むのがメリットといえますね、軽自動車購入の参考にしてみてください。

CarLike編集部

ガソリン代だけでなく、年間を通して維持費が安いのが軽自動車の人気とも言えます。

自動車税など固定の出費は仕方ありませんが、駐車場代金の安いところを探す・車検費用を低く抑えるなどするとより年間の出費を抑えることが出来るかもしれません。

軽自動車の年間維持費を頭に入れておいてお得なカーライフを過ごして下さいね!

車を高く売るなら『かんたん車査定ガイド』
かんたん車査定ガイド

愛車を高く売るなら車買取一括査定の『かんたん車査定ガイド』がオススメです。

たった45秒の簡単入力で最大10社へ無料査定依頼が送れ、さらに愛車の相場価格まで同時にチェックすることが出来ます。

下取りより平均16万円もお得な一括査定で愛車の最高額を今すぐチェック!

軽自動車にかかる1年間の維持費はいくらなのか?