車の売却・査定するときに必要な書類と手続き

車の売却・査定に必要な書類とは何でしょうか?

車検証や自賠責保険証明書などの書類は、2年に一度の車検が終わったら車内に入れっぱなしでどれが何かわからないという方も多いと思います。

『売却』と『査定』それぞれに必要な書類をまとめてみましたので、よりスムーズな手続きのためにも改めて確認しておきましょう。

売却に必要な書類

売却に必要な書類

車検証

自動車の所有者や使用者、自動車保安基準に適合していたことを証明などの公証となる自動車検査証(じどうしゃけんさしょう)。携帯することが義務づけられており売却の際にも必須の書類です。

自動車税納税証明書

毎年5月に管轄の自動車税事務所や都税総合事務センターから自動車税納税通知書と一緒に送られてくる動車税の納税を確認する為の証明書です。

自賠責保険書

自動車や使用する際に加入が義務付けられている、自動車損害賠償責任保険(じどうしゃそんがいばいしょうせきにんほけん)も必須書類となります。

譲渡証明書

譲渡証明書(じょうとしょうめいしょ)とは、自動車の所有者が売買や譲渡で変わった場合、「いつ・だれに」譲渡が行われたかを証明する書面です。

実印・印鑑登録証明書

自動車は所有するのに登録が必要な資産であるため売却の際には名義変更のために実印・印鑑登録証明書が必要となります。軽自動車の場合はどちらも不要です。

リサイクル券

自動車リサイクル法によって定められた、自動車を廃車にする際にかかる費用を支払った際に貰える証明書で、車検証などと一緒に保管されています。

口座番号

車の売却代金が振り込まれる口座番号です。車買取業者が用意する書類に記入しますが現金支払いに対応している業者もあるので確認しておくと良いでしょう。

査定に必要な書類

査定に必要な書類

車検証

自動車の査定のみの場合に必要な書類は少なくなりますが、車検証は常に必須の書類となります。車のダッシュボードに保管されていることがほとんどですが、コピーなどで取り出した際には紛失に気を付けましょう。

自賠責保険証明書

こちらも運転時に携行することが義務付けられている、自賠責保険証明書。査定の際にも必要書類となります。

まとめ

まとめ

実際の売却時にはまとまった書類が必要となりますが、『査定』のみであれば『車検証』と『自賠責保険証明書』だけでOKです。

また、スペアキーや取り外した純正品などもあれば高額査定となりやすいのであらかじめ探しておくと良いと思います。

『査定』と『売却』で必要な書類は変わりますが、記載事項の変更に不備などが無いか事前に確認しておくようにしましょう。

車を高く売るなら『かんたん車査定ガイド』
かんたん車査定ガイド

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定の『かんたん車査定ガイド』がオススメです。

たった45秒の簡単入力で最大10社へ無料査定依頼が送れ、さらに愛車の相場価格まで同時にチェックすることが出来ます。

下取りより平均16万円もお得な一括査定で愛車の最高額を今すぐチェック!