自動車査定の『下取り』と『買取り』の違いとは?

自動車査定の『下取り』と『買取り』の違いとは?

下取りと買取りのはっきりした違いをご存知でしょうか?

車を購入する際、この2つの違いを知っておくことで自分にとってお得な査定額や賢く購入を選ぶことが出来ます。

自動車の下取りと買取り2つの違いとメリット・デメリットをご紹介します。

下取りはディーラーに『車を引き取ってもらう』こと

下取りはディーラーに『車を引き取ってもらう』こと

下取りは手放す車を査定してもらい、その査定額を購入金額から値引いてもらう方法です。

下取りのメリット

メリット
  • 車を売る手間がかからない
  • 値引き出来ない分を下取り価格で補ってくれることも
  • お店や担当との信頼関係が築きやすい

やはり1番のメリットとしては、購入から下取りまで全てディーラーなど1つのお店で任せられるので手間もかからずスムーズです。

また、担当の営業マンが対応してくれるのでその後の車検やメンテナンスなどお付き合いが長くなり信頼関係が築きやすいのもメリットといえるでしょう。

下取りのデメリット

デメリット
  • 人気の車種や装備であっても買取りほど査定に反映されにくい
  • 他メーカーやドレスアップなどは評価されない

デメリットとしては金額だけでみると買取りほどの高額査定にはなりにくいといえます。

また、高価な社外品アフターパーツなどでカスタマイズされているよりは同メーカーでより純正に近いものほど高評価となります。

カスタマイズしてしまっていても下取り時には出来るだけ純正に戻しておきたいところです。

買取りは買取会社に『車を売却する』こと

買取りは買取会社に『車を売却する』こと

買取りは車の購入に関係なく、買取専門店や販売店に車を売却し現金にする方法です。

買取のメリット

メリット
  • 売る値段だけならば1番高い
  • お店の得意するブランドならさらに高い査定も

純正でなくとも、人気の社外アフターパーツやオプション装備など店舗やオークションで高く売れると判断されれば、下取りに比べると高額な査定金額になりやすい傾向にあります。

お店のより得意とするメーカーや車種(輸入車やスポーツカーなど)ならさらに高評価に。

買取のデメリット

デメリットト
  • すぐに車を手放さなければならない
  • 相場変動に敏感なのでタイミングやお店によっては査定の差が大きい

買取りの場合はそのまま車を手放すことになるので納車まで期間が空いてしまう場合は注意が必要です。

店舗によっては査定額の差が激しい傾向にあるので複数店舗で見積もりをしてから買取ってもらいたいところ。

まとめ

どちらもメリット・デメリットを踏まえた結論として、『手間を省きたい・査定額はあまり気にしない』なら下取りですが、『少しでも高く売りたい』なら一度は買取り査定を受けてみることをオススメします。

購入する車が新車・中古車に限らず、車は大きな買い物です。流されるまま下取りに出してしまうより、お店で買取り査定額も知って十分に納得の購入をした方が良いのではないでしょうか。

買取り査定の際はぜひ複数社での査定をしてみてくださいね。

CarLike編集部

車の買い替えなんて何年かに一度のことなので、いざ『下取り』『買取り』といわれてもよく理解できないですよね。

つい車はディーラーに下取りしてもらうものだと思いがちですが、愛車の車種を得意に取り扱っている買取専門店なら高額査定が出る場合もあります。

『下取り』と『買取り』の違い、ぜひ覚えておいてくださいね。

【マンガで分かる】車を売るならどこがいい?車買取一括査定オススメランキング!!

2017.06.10
車を高く売るなら『かんたん車査定ガイド』
かんたん車査定ガイド

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定の『かんたん車査定ガイド』がオススメです。

たった45秒の簡単入力で最大10社へ無料査定依頼が送れ、さらに愛車の相場価格まで同時にチェックすることが出来ます。

下取りより平均16万円もお得な一括査定で愛車の最高額を今すぐチェック!

自動車査定の『下取り』と『買取り』の違いとは?