カーリースの特徴とは?カーローンとの比較やメリット・デメリットを解説

自動車をローンなどで購入するのではなく長期契約賃貸する「カーリース」をご存知でしょうか?

車本体の値段だけでなく、車検代や税金なども全部含めた金額を月々定額で支払っていくため、維持費を抑えて車に乗ることが出来るプラン。

自動車を購入する1つの方法としてこの『カーリース』とはどんなサービスなのか、カーローンとの違いやメリット・デメリットを解説していきます。

 

『カーリース』の特徴とは?

カーリースの特徴とは

カーリースの特徴は、車の本体価格・自動車税・車検代・自動車保険代などをまとめた金額を毎月払いで自動車をリース(借りる)というものです。

ほとんど定額料金を毎月支払うことで自動車購入のように大きな頭金などを用意せずに目当ての車を利用することが出来ます。

また、税金の支払いや車検の手続きはリース会社が代わりに行ってくれるのでユーザー側で不意の出費などもなく、メンテナンスもリース会社がやってくれるのも良い点。万が一事故を起こしたときも、リース会社が対応してくれるので安心です。

ここがポイント
  • リースは自動車の賃貸契約
  • 頭金など大きな初期費用は不要
  • 車の本体価格に税金や車検代、自動車保険代を含んだものを毎月支払う
  • 自動車メンテナンスなどもリース会社が行ってくれる
  • 事故を起こしたときの対応もしてくれる
  • 契約後は車は返却する必要がある
  • リース代金は経費として計上できる

さらに個人事業主や法人の場合、毎月のリース料金は経費として計上できるので節税対策にもなります。ただし、あくまでも車の賃貸契約なので契約後は車を返却・乗り換えするといった選択のが点がローンとの違い。

カーリースは自動車を長期間賃貸契約するものなので個人の車と同じように利用して長く使うことができます。

「今車が欲しいけど、すぐ頭金を用意するのが難しい…。」という人にとっては、毎月定額で車に乗れて税金の支払いなどわずらわしい手間もかからない魅力がカーリースにはあります。

カーリースとローンの違いを比較

 カーリースとローンの違い
リース(賃貸) ローン(購入)
頭金 不要 場合によっては必要
月々の支払い額 定額 ボーナス加算月などによって変動
維持費 ガソリン代や駐車場代など ガソリン代や駐車場代など
自動車税・車検 リース料金に含まれるため手続きなども不要 毎月の支払いとは別にお金を用意・自分で手続きを行う
メンテナンス リース会社にお任せ 自分で車を店舗に持ち込む
事故を起こしたとき リース会社が対応 自分で対応
契約終了後 車はリース会社に返却 車の所有者は自分になる

カーリースもローンも、契約中は車の「所有者」はリース会社・ローン会社、「使用者」は自分になる点は同じです。

ローンで車を購入する場合は、月々の支払いを安くするために頭金が必要な場合がありますが、リースなら不要。手元に資金がなくても車を持つことができます。

月々の支払い額は、ローンの場合はボーナスの加算月などによって変動がありますが、リース契約は最後までほぼ一定の金額で済むのも違いの一つです。

カーリースは車検・自動車税なども込みの料金

普段の維持費はどちらもガソリン代や駐車場代などが必要なのは変わりませんが、毎年支払う自動車税や2年ごとに受ける必要のある車検代については、リースの場合は毎月の支払額に含まれるため個人での維持費負担は少なくて済みます。

対して、ローンの場合は自動車税も車検代も月々の支払いとは別に自分でお金を用意する必要があり、また手続きも自分で行います。

ほかにも、オイル交換などのメンテナンスや万が一事故を起こした際など、カーリースはリース会社が代わりに対応してくれますが、ローンの場合はすべて自分で連絡や手続きを行う必要があるなどの特徴があります。

カーリースは契約終了後、車を返却or次の車へ乗り換え

カーリースとローンの決定的な違いは「契約終了後」です。

ローンの場合は支払いが終われば当然、車の所有者は自分になりその後も乗り続けることができますが、カーリースで乗る車は賃貸なので契約が終わればリース会社に返却・もしくは次の車へ乗り換えて契約といった必要があります。

この点が購入とリースの違いと言えるでしょう。

カーリースのメリット・デメリット

カーリースのメリット・デメリット

カーリースのメリット

カーリースのメリット
  • 頭金不要で月々の支払いは定額で済む
  • 自動車税や車検代も別に用意する必要がなく手続きも不要
  • メンテナンスもリース会社がしっかり行ってくれる
  • 事故を起こしたときもリース会社が対応
  • 毎月の支払いは経費として計上できるので節税が期待できる

カーリースの最大のメリットは、頭金が不要で毎月の支払いが定額で済むことです。

購入の場合、最初にある程度資金がないと乗りたい車に手が出せないということもありますが、カーリースならその心配がありません。

そして、毎月の支払いとは別に必要になる自動車税や車検代なども毎月のリース料金に含まれていて、手続きもリース会社が行ってくれます。

また、どんなに安全運転に気をつけていても、不可避の事故に巻き込まれる可能性はすべてのドライバーにあります。そんなときでも、リース会社に保険会社への手配や交渉などをお願いできるので、ユーザーにわずらわしさがありません。

個人事業主や法人にとって嬉しいのは、カーリースで乗る車は固定資産に含まれないので毎月のリース料金は経費として計上できること。

ガソリン代や駐車場代だけでなく、車そのものにかかる費用も経費にできれば、大きな節税効果が期待できます。

カーリースのデメリット

カーリースのデメリット
  • 契約が終わったら車を返却・次の車を契約
  • 借りた車をカスタマイズできない
  • リース料金はカーローンに比べて高め
  • 大きな事故を起こした場合は即時解約となり、残りの代金を支払う必要もある
  • 走行距離に制限があり、長距離ばかりは走れない

ローンとの違いでもわかるように、カーリースの最大のデメリットは契約終了後に車を返却しなければならない点です。

また、エアロパーツなどカスタマイズしている場合は、返却時に借りたときの状態に戻す必要があるなど返すことを前提に乗らなければいけないので窮屈に感じるかもしれません。

ただ、リース外車には「新しいリース車両に乗り換え」「リース期間の延長」「リース車両の買い取り」などの選択肢が用意されているので、乗っていて愛着が湧いた場合でもそのまま買い取ることができます。

料金面でも最終的に支払う総額はローンの方が安くなる場合もありますが、カーリースの方が車検代・メンテナンス代など手数料として上乗せされるので高めの設定になっていることがあります。

注意したいのは、大きな事故を起こして車が大破したときなどは、契約が即時解約となり残りの代金を支払う必要があることです。

契約を途中で解除したい場合も解約金を用意しなければいけないなど、ローンとは違う乗り方であることを理解しておきましょう。

また、リース契約は毎月の走行距離に制限があるものが多く、地方での通勤など長距離の移動が多い場合は向かないことがあります。

契約するときは、即時解約になる条件や中途解約する際に必要になるお金、毎月の走行距離などしっかり把握し、自分に合った乗り方かどうかを判断することが大切です。

カーリースおすすめの2社がこちら

カーコンカーリース「もろコミ」

カーコンカーリース「もろコミ」

自動車の板金修理などでおなじみのカーコンビニ倶楽部が運営する『もろコミ』は、頭金0円で車を持てるカーリースです。

カーリース「もろコミ」のポイント
  • 頭金0円でOK!
  • 月々の支払いは車検基本料金まで含まれた定額で安心
  • 国産全メーカー全車種に新車で乗れる
  • 充実したオプションで快適ドライブ
  • 契約終了後は車がもらえる

毎年の自動車税のほか、自賠責保険や車検基本料金まで含まれた額を毎月定額で支払っていくので、余計な出費に悩むことなく乗り続けることができ、選べる車種は国産メーカーのほぼ全車種から新車を選択可能。人気の高い軽自動車からSUVまで、好きな車を選べます。

頭金0円!カーコンビニ倶楽部のカーリース 「もろコミ」の口コミ評判やメリット・デメリットを解説!

2017.10.29

カーナビやバックアイカメラ、ETCなど、より快適なドライブが楽しめる「カーアクセサリーセット」に、タイヤやバッテリー、エンジンオイルの交換などが含まれた「メンテナンスパック」と、さらに運転を楽しめるオプションが用意されているのもオススメのポイント。

そして、「もろコミ」最大の特徴が『契約終了後には車をもらえる』ことです。

9年契約の『もろコミ9』、7年契約の『もろコミ7』と2つのプランが用意されていて、どちらも一定の期間が過ぎれば乗り換えや返却が可能になり、プランが終了すれば乗っていた車をそのままもらえます。

残価設定が0円なので契約終了時に余計なお金がかかることもありません。

初期費用から日々のメンテナンス、車検時まで、コミコミの料金で安心して車に乗りたい・最後には自分の車にしたいという方にオススメです。

『コスモスマートビークル』

コスモスマートビークル

コスモ石油が運営する『コスモスマートビークル』も、頭金や初期費用が不要で新車に乗れるカーリースです。

『コスモスマートビークル』のポイント
  • 頭金ナシ・初期費用も不要
  • 毎月の支払いはメンテナンスパック込みの定額制で安心
  • 自分のスタイルに合わせて3つのメンテナンスパックから選べる
  • 『乗換えフリープラン』なら3年で乗り換えが可能
  • 他社にはない『ガソリン割引』でガソリン代もお得に

契約時に3つのメンテナンスパックからひとつを選択することになっていて、「ホワイトパック」以外は車検代や定期点検、またオイル交換代なども毎月の支払いに含まれています。

「シルバーパック」はタイヤなどの消耗品はその都度見直したい人向け、「ゴールドパック」はタイヤやバッテリー・ワイパーなどの交換がセットされており、メンテナンスはプロにしっかりお願いしたい人向けの内容。

こちらも支払いは最後まで定額で済み、自分のスタイルに合わせた乗り方を選べるのがメリットですね。

『コスモスマートビークル』の口コミ評判!ガソリン割引プランやメリット・デメリットを解説!

2017.11.11

『乗換えフリープラン』なら、5年契約のうち、3年経ったら乗り換えか乗り続けるか、またフリープランを再契約するかを選ぶことができ、そのときの状況によって柔軟に契約を考えることができるのもオススメのポイントです。

そして、『コスモスマートビークル』の最大の特徴がガソリンの割引サービス。

維持費の中でも特に気になるのが日々のガソリン代ですが、『コスモスマートビークル』はコスモ石油が運営するガソリンスタンドでの給油が契約中はずっと割引になります。

給油のついでにガソリンスタンドでメンテナンスを行えば月々のリース料金がより安くなる『持込割サービス』もあり、より身近に気軽に車をリースできるのが『コスモスマートビークル』です。

まとめ

カーリースの特徴まとめ

自動車購入に大きな予算を用意せず、毎月の定額で車に乗れるのがカーリース。

契約終了後には車を返す必要があるなど、ローンとの違い・メリット・デメリットがありますがカーリースはこんな方にオススメです。

カーリースはこんな方にオススメ!
  • 頭金を用意せずに車に乗りたい
  • 毎月の支払を定額で支払いたい
  • 車検やメンテナンスなど不意の出費は避けたい
  • 個人事業主や法人など、車に関わるお金を経費にしたい

カーリースは自動車の賃貸契約ですが、車の所有にこだわらず毎月定額で好きな車種に乗りたいという方にピッタリなプランです。

カーローンとはまた違った自動車購入方法として候補に入れてみると選択肢が広がるかもしれません。

愛車を高く売るなら『かんたん車査定ガイド』
かんたん車査定ガイド

愛車を高く売るなら車買取一括査定の『かんたん車査定ガイド』がオススメです。

たった45秒の簡単入力で最大10社へ無料査定依頼が送れ、さらに愛車の相場価格まで同時にチェックすることが出来ます。

下取りより平均16万円もお得な一括査定で愛車の最高額を今すぐチェック!

ABOUTこの記事をかいた人

CarLike(カーライク)編集部

CarLike(カーライク)は、車の運転・購入・売却・維持費などを分かりやすく解説するカーメディアです。自動車に関する日常のお役立ちコンテンツをお届けしています。